家のリフォーム業者の選び方

リフォーム会社の種類と特色

リフォーム会社の種類と特色

リフォーム会社には、色々な種類があり、
それぞれ特色があります。

 

自分の希望するリフォームにあった業者を選びたいものです。

 

それぞれの業者の特色を挙げてみます。

 

(1) 住宅メーカーやゼネコンなどの建築会社系のリフォーム会社

 

住宅メーカーやゼネコンのメンテナンス部門が、
リフォーム専門会社として独立している場合もあります。

 

大規模なリフォームのノウハウを持っている業者も多く、
専門のコーディネーターを抱えている業者も多いので、
お任せで工事をすることができるでしょう。

 

ですが値段が割高になったり、
人が多いため担当者レベルのばらつきがあるというデメリットがあります。

 

(2) 設備機器メーカーの特約リフォーム店

 

設備機器メーカーの特約リフォーム店は、
各設備機器メーカーが自社の商品をメインに扱う地元工務店と契約し
リフォーム事業を行っているという店です。

 

そのメーカーの商品について、
安く購入することができるというメリットがある場合もあります。

 

(3) 電気・ガス会社系のリフォーム店

 

電気会社やガス会社がリフォーム事業に進出している事もあります。

 

直営店と地元の工務店と契約したフランチャイズ店があり、
自社のオリジナル商品を持っている店もあります。

 

(4) 大型小売店のリフォーム店

 

スーパーやDIYショップでリフォームを請け負っている場合があります。

 

小さなリフォームから中規模なリフォームがメインで、
大規模なリフォームを扱っている店はあまりありません。

 

フェンス工事などの単体工事は安く、便利にできる店が多いです。

 

(5) 設計事務所

 

設計事務所は、施工まで行なう事務所と、
設計、コーディネートだけを行なう事務所などさまざまです。

 

大手事務所では、新築、若しくは大規模なリフォームのみを
行なうところもあります。

 

設計事務所には、多種多様な形態があるので、
依頼するときは、自分が何をしてほしいのかを伝えましょう。

 

(6) 地元の工務店

 

地元の工務店は、近所の評判も知りやすく、
今までどのような工事をしてきたかも見ることができます。

 

自分にあった工務店が見つかると、
安心して任せることもできるでしょう。

 

ただし、近所であるがため、言いたい事が言えないというデメリットもあります。