家のリフォーム業者の選び方

担当者との人間関係

担当者との人間関係

リフォームを依頼するときは、
依頼する業者の担当者との人間関係もポイントになります。

 

担当者は、家の中にも入ってきます。

 

プライバシーに深く関わってきますし、
工事中も長い付き合いになり、その後のアフターサービスも
場合によっては担当してもらう事になるでしょう。

 

リフォームの相談をするときは、ライフスタイルから
資金計画まで家庭の中のことを
詳しく相談しながら進めていくことが必要です。

 

そうする事によって、より良い暮らしの環境を
作ることができます。

 

ですから、担当者との人間関係はとても重要なのですが、
大きな工務店やリフォーム業者の場合、
その会社が良くて選んだとしても、
担当者と性格が合わないとなると、
満足のできるリフォームができません。

 

また、大きなリフォーム会社や工務店では、
営業で最初に来てくれた人と、
プランする人、設計する人、毎日工事管理をする人・・・
というように、担当者が全て違う場合もあります。

 

それぞれが専門の仕事をしているのですが、
コミュニケーションがうまく取れなければ、
最初に営業担当と打ち合わせた内容が、
次の担当者や、また次の担当者まで伝わらない事があり、
トラブルになることもあります。

 

リフォームを成功させるためには、
担当者を変えてもらうことを恐れてはいけません。

 

どんなに良い会社でも、担当者に納得できなければ、
担当者を変えてもらうように会社に申し入れをしましょう。

 

また、たくさんの人数が関わってくるような場合であっても、
窓口は一つにしておいたほうが良いでしょう。