家のリフォーム業者の選び方

良いリフォーム会社の見分け方

よいリフォーム会社の見分け方

満足のいくリフォームを実現するために、
良いリフォーム会社を見分けることが必要です。

 

(1) どのような工事を行なう業者か?

 

ひとくちにリフォームといっても、
小さな水栓金具の交換から、家の構造の問題が絡む
大きな増改築までさまざまです。

 

ですから、その会社がいつもどのような工事を中心に行なっているのかを
チェックすることが必要です。

 

たとえば、新築専門の業者で、リフォームもたまに請け負っている
と言う業者は、
リフォームのノウハウが足りない場合もあります。

 

リフォームにはリフォームならではの内容が多く、
職人さんもリフォームになれている人でなければ
トラブルも増えます。

 

(2) 提案をしてくれる業者か?

 

「リフォームをしたい」といっても、
具体的に「ここをこうしたい」、「この材料を使いたい」
と、はっきりした要望を業者に伝えることができる人は稀です。

 

殆どの人は、「使いやすくしたい」とか、「きれいにしたい」とか、
「明るくしたい」など、機能面や美観面での漠然とした要望を
口にすることが殆どです。

 

ですから、業者側が、要望を聞き入れ、
「このようにすれば使いやすくなりますよ。」とか、
「このようにすると安くできますよ。」というような
リフォームの提案をしてくれるところを選ぶことが必要です。

 

どのようなことでも、お客さんの言いなりになる業者は頼りないですし、
業者の意見ばかりを押し付けてくる会社も不安です。

 

(3) 聞き取りを細かく行なってくれる業者か?

 

リフォーム業者に良い提案をしてもらうためには、
こちらの情報を相手側に伝えることが必要です。

 

業者が、どれだけ真剣にこちらの話を聴いてくれるかも、
業者選びの一つの目安になります。

 

(4) ローコストの提案をしてくれる業者か?

 

見積もりをしてもらうと予算を超える場合が殆どです。

 

ですが、その場合、どのような対処法があるかを教えてくれるかどうかも、
良い業者選びのポイントになります。

 

その際「このようにすると値段はいくら安くできる、
しかし、そのデメリットにはこのようなものがあります。」など、
細かい説明があるかどうかを確認しましょう。

 

そのような説明があれば、
工事内容と値段を比べ合わせて選ぶことができます。

 

(5) リスクの説明をしてくれる業者かどうか

 

どのような工事にも良い面と悪い面があります。

 

使う材料についてもいよい面と悪い面があります。

 

工事を行なう事によって、どのようなメリットが得られるのか、
同時に発生する可能性のあるデメリットはどのようなことか、
さまざまな面から多角的に説明をしてくれる業者が良い業者であるといえるでしょう。