家のリフォーム業者の選び方

家のリフォーム業者の選び方

家のリフォーム業者の選び方

以前は、リフォーム会社は、
やってくるお客さんを待っているだけで
経営が成り立つ状態でした。

 

ですが、新築の需要が落ち込み、リフォーム業界がクローズアップされ、
次々とリフォーム会社が設立されています。

 

ですから、待っているだけでは経営が成り立ちません。

 

つまり、リフォーム会社も、競争が激しくなっているのです。

 

そこで、リフォーム業者は、
各家庭を訪問するという営業形態をとり始めています。

 

私達は、訪問営業の営業マンの話を聞いただけで、
良いリフォーム会社かどうか見極める事ができません。

 

営業マンは、専門用語を使って、
その工事がいかに必要か、他社よりどれだけ安くできるかなどを話します。

 

ですが、その営業マンの話が、正当なものかどうかさえ、
私達素人では判断できません。

 

リフォームに定価はないため、
値引きをするというのであれば、
人件費や材料費を削って質を落とすつもりなのか、
最初の価格設定を高額に設定しているのかなど
疑ってみる必要があります。

 

また、「今すぐやらないと家全体がだめになる。」
というように、不安を煽る営業トークをしてくる会社もあります。
このような業者は悪徳リフォーム業者かもしれません。

 

営業マンの人柄が良いと、「この会社に任せてしまおうかな?」
というように思ってしまったりします。

 

ですが、営業マンの人柄が良いからと言って、
リフォームがウマく行くとは限りません。

 

実際の工事では、会社の方針や設計、工事担当者の技術力、
人間性などが、リフォームの成否を決める大きなポイントになります。

 

このようなことから、大切な事は電話や営業マンの話だけでは進めず、
必ずお店に行ってみてくることが必要です。

 

中には事務所を持たず、転々として電話番号を変え、
一つの地区が終わると次の地区へ・・・というように
営業をしている業者もあります。

 

そのような業者では、アフターサービスなどは望めません。

 

業者を決定する前に、必ずお店、或いは事務所を訪れ、
雰囲気を見てみましょう。

 

店の中が乱雑だったり、車が汚いというような会社は、
工事もだらしないかもしれません。

 

良心的で、こちらの希望に添った質の良いリフォームをしてくれる業者も多いのですが、
悪徳業者が増えているので、リフォーム会社選びは慎重に行ないましょう。